3/26公開シンポジウム「自然科学と人文・社会科学の連携」

3月26日に新・都ホテルにて, 公開シンポジウム「自然科学と人文・社会科学の連携」を開催します.

公開シンポジウム「自然科学と人文・社会科学の連携」

2015/3/26

20150326flier
日時:
2015年3月26日(木)14時30分~18時10分(開場14時)
場所:
新・都ホテル 陽明殿
プログラム
開会挨拶:14:30~
講演1:14:40~
矢野 誠(京都大学経済研究所教授、先端政策分析研究センター長)
「科学技術と豊かさ」
講演2:15:10~
大竹 暁((独)科学技術振興機構 総括担当理事官)
「大きな変革期にある科学技術と人文・社会科学への期待」
講演3:15:40~
松田文彦(京都大学大学院医学研究科教授、ゲノム医学センター長)
「ヒト生物学研究と生命ビッグデータ解析」
講演4:16:10~
有本建男(政策研究大学院大学教授、(独)科学技術振興機構 研究開発戦略センター副センター長)
「世界システムの転換と“2つの文化” 連携の必要性」
16:50~
パネルディスカッション「トランスサイエンス確立に向けた社会科学、人・生物科学に関するデータの必要性」
問題提起:
中村道治((独)科学技術振興機構 理事長)
「科学と社会の共創について」
山田 亮 (京都大学大学院医学研究科ゲノム医学センター教授)
「医療・医学分野の複雑系データ」
黒田昌裕 ((独)科学技術振興機構 研究開発戦略センター上席フェロー、慶應義塾大学名誉教授)
「科学技術イノベーション政策の科学と経済学」
広田 茂 (京都大学経済研究所先端政策分析研究センター准教授)
「ヨーロッパにおけるパネルデータの整備状況」

司会:中澤正彦(京都大学経済研究所先端政策分析研究センター教授)
パネリスト:自由討論
中村道治、大竹 暁、有本建男、黒田昌裕、松田文彦、山田 亮、矢野 誠、広田 茂
18:00~
閉会挨拶
溝端佐登史(京都大学経済研究所長、教授)
シンポジウムの詳細は,こちらをご覧ください
http://cscenter.co.jp/kier3/

参加のお申し込みはこちらから
http://assrs.jp/caps201503/

主催:
京都大学経済研究所
・特別推進研究「経済危機と社会インフラの複雑系分析」
・京都大学経済研究所先端政策分析研究センター
・先端経済理論の国際的共同研究拠点
共催:
独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター
京都大学社会科学統合研究教育ユニット
公益財団法人KIER経済研究財団