1/20シンポジウム「文理融合:これからの大学のあり方」開催のお知らせ

2016年1月20日(水)に京都大学にて,公開シンポジウム「文理融合:これからの大学のあり方」を共催いたします。

flier20160120
開催日:
平成28年1月20日(水)
時間:
15時~17時30分(開場14時30分)
場所:
京都大学医学部創立百周年記念施設芝蘭会館 山内ホール

プログラム
司会:
伊藤公二 京都大学経済研究所附属先端政策分析研究センター准教授

開会挨拶:15:00~
北野 正雄 京都大学理事・副学長

基調講演Ⅰ:15:05~
中島 厚志 独立行政法人経済産業研究所 理事長
「人材育成と文系教育の意義」

基調講演Ⅱ:15:40~
小泉 潤二 大阪大学未来戦略機構 特任教授
「学際教育:意義・成果・課題」

パネル討論:16:30~
「これからの大学の役割」
問題提起:
西村 和雄 神戸大学社会科学系教育研究府 特命教授
「文理融合と日本の競争力」
討論:
中島 厚志  小泉 潤二  西村 和雄

閉会挨拶:17:25~
溝端 佐登史 京都大学経済研究所長
シンポジウムの詳細は,こちらをご覧ください
http://cscenter.co.jp/sympo-kier7/

参加のお申し込みはこちらから
https://pro.form-mailer.jp/fms/e58d56e789879

主催:
京都大学経済研究所
・特別推進研究「経済危機と社会インフラの複雑系分析」
・先端政策分析研究センター
・先端経済理論の国際的共同研究拠点
共催:
KIER経済研究財団60周年記念事業
京都大学社会科学統合研究教育ユニット
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です