Market Quality Research Project Workshop “Global Economy In Turmoil” (2012/10/14)開催報告

秋らしい涼しさがようやく感じられるようになった10月14日,千葉経済大学にて,Market Quality Research Project Workshop “Global Economy In Turmoil”が,IEFS Japan,先端経済理論の国際的共同研究拠点,本プロジェクトにより開催されました.
Global Economy in Turmoilと題した本会では,国内外からお招きした7名の先生方に研究報告をしていただき,市場の質をキーワードに,介護や環境といった現代の諸問題に関する経済学的な検討を行いました.


◇Hiroshi Fujiu: “Two-Sided Transfers from Adult Children of Elderly Persons”

Prof.Fujiu

藤生裕先生は,介護を受ける老人とその子であり介護を行う成人の関係だけでなく,既存の研究ではあまり注目を集めていなかった,成人とその子の関係が老人介護に与える影響についての報告をされました. 実証的にも,命題がデータと整合的であったことも合わせて報告されました.


◇Fumio Dei: “Discrete Demand Shift Dumping”

Prof.Dei

出井文男先生は, 2国の貿易のモデルを用いて安すぎる海外製品の参入によって輸入国の厚生が低下する可能性を指摘されました.さらに,データを用いて裏付け結果を示されました.会場からは様々な論点が提供され,活発な議論が行われました.


◇Jiawei Chen: “How Do Switching Costs Affect Market Concentration and Prices in Network Industries?”

Prof.Chen

Jiawei Chen先生は,消費者が企業間を移行する際に発生するスイッチングコストや外部オプションの質との関係等を分析し,ロックインされた消費者の行動について報告されました.また,得られた結果は今後のネットワーク産業に関する政策的含意に富んだものであると指摘されました.


◇James R. Markusen: “Per-Capita Income as a Determinant of Cooperative and Non-Cooperative International Trade Policy”

Prof.Markusen

James R. Markusen先生は,環境の質の改善のための費用負担に関して途上国が優遇される理由を,利他精神によってではなく,国民の生産性が異なる2国のモデルを用いて,経済学的に説明されました.


◇Hodaka Morita: “Choice of Product Architecture and Labor Turnover”

Prof.Morita

Hodaka Morita先生は,製品開発においてどのような性質のアーキテクチャを採用するのが望ましいかを, 消費者の製品品質に対する選好を考慮したうえで分析した理論的結果を実証的結果と合わせて報告されました.


◇Rui Ota: “‘Law of Rising Price’ in an Imperfectly Competitive Declining Industry”

Prof.Ota

太田塁先生は,衰退産業において需要減少に伴い需要曲線が時計回りにシフトすることでU字型の平均費用曲線を持つ企業の製品価格が上昇するというメカニズムを理論的に説明されました.さらに,データを用いた実証結果を示され,一部地域でこの理論を支持する結果が得られたことが報告されました.


◇Makoto Yano: “Price Competition or Price Leadership”

conference

矢野誠先生は,現代の経済学において,良い市場を,高質な財が高価で低質な財が安価で共に取引される,より効率的な市場と定義し, そのような市場で実現される望ましい価格のあり方を検討していくための足掛かりを提示されました.


time Speaker Title
9:50-10:05 Hiroshi Fujiu and Makoto Yano
Opening Address  
10:05-10:50 Hiroshi Fujiu
Chiba Keizai University
Two-Sided Transfers from Adult Children of Elderly Persons
11:00-11:45 Fumio Dei
Kobe University
Discrete Demand Shift Dumping
13:00-13:45 Jiawei Chen
UC Irvine
How Do Switching Costs Affect Market Concentration and Prices in Network Industries?
13:55-14:40 James R. Markusen
University of Colorado, Boulder
Per-Capita Income as a Determinant of Cooperative and Non-Cooperative International Trade Policy
14:50-15:35 Hodaka Morita
Australian School of Business, UNSW
Choice of Product Architecture and Labor Turnover
15:55-16:40 Rui Ota
Chiba Keizai University
‘Law of Rising Price’ in an Imperfectly Competitive Declining Industry
16:50-17:35 Makoto Yano
Kyoto University
Price Competition or Price Leadership

“Conference on Market Quality” (2012/11/2)

本プロジェクト共催の”Conference on Market Quality” を以下のとおり開催いたします。

Conference on Market Quality

2012/11/2

日時:
平成24年11月2日(金)
場所:ウェスティン都ホテル京都

プログラム
10:00~17:20
Opening address:

Chair: Makoto Yano(Kyoto University)

10:10~13:00

Youngsub Chun (Seoul National University)
“Subgroup Additivity in the Queueing Problem“

Takashi Komatsubara (Kyoto University)
“Price Competition or Price Leadership“

Tadashi Sekiguchi (Kyoto University)
“Multimarket Contact under Demand Fluctuations: A Limit Result“


Chair: Ichiro Iwasaki (Hitotsubashi University)

14:30~17:20

Satoshi Mizobata (Kyoto University)
“Global Convergence of Russian Emerging Multinational Corporations“

Andrei Yakovlev (The National Research University)
“Industrial Associations as a Channel of Business-Government Interaction in Imperfect Institutional Environment: the Russian Case“

Byung-Yeon Kim (Seoul National University)
“The Political Economy of Private Firms in China“


★ポスター(容量:52KB)
Organized by:
Kyoto University Institute of Economic Research

Sponsored by:
KIER Foundation

JSPS Grant-in-Aid for Specially Promoted Research #23000001

お問い合わせ先:京都大学経済研究所 矢野誠研究室 075-753-7185


シンポジウム「過去の文明・今日の文化の課題」(2012/10/20)

本プロジェクトが参加する統合複雑系科学国際研究ユニット主催のシンポジウム「過去の文明・今日の文化の課題 ~マヤ文明とモンゴルを例として~」 が,以下のとおり開催されます。皆さまのご参加をお待ちしております。

サンタ・フェ/京都シンポジウム・特別レクチャー「過去の文明・今日の文化の課題 ~マヤ文明とモンゴルを例として~

2012/10/20

日時:
平成24年10月20日(土)
場所:京都大学総合博物館・講演室とロビー

プログラム
13:00~13:10
開会挨拶:大野照文(総合博物館館長)
13:10~14:30

ジェリー・サバロフ(サンタフェ研究所所長)
「マヤ文明の衰退から何を学ぶか」

14:30~15:10

青山和夫(茨城大学教授)
「マヤ文明の起源を求めて:セイバル遺跡の再調査」

15:25~16:45

ポーラ・サバロフ(サンタフェ研究所教授)
「モンゴルにおける封建主義から民主主義」

16:45~17:15

加藤美典
モンゴルの伝統楽器馬頭琴の演奏

17:15~19:00

懇親会・ふるってご参加下さい(参加費1,500円当日徴収)



★ポスター (PDF/272KB)

主催:
統合複雑系科学国際研究ユニット・京都大学総合博物館・平成24年度統合地球環境研究所インキュベーション研究(IS)グローバリゼーションを終わらせる「新時代の生き方作法」リテラシーの構築-新京都(みやこ)モデルの提案―チーム
後援:
京都大学経済研究所
申し込み不要:当日先着80名まで参加して頂けます。
(講演の一部は英語ですが、日本語の逐語訳があります)

お問い合わせ先:京都大学総合博物館・事務室075‐753‐3272


サンタフェ/京都 シンポジウム “複雑系科学への招待” (2012/10/19)

本プロジェクトが参加する統合複雑系科学国際研究ユニット主催のシンポジウム,サンタフェ/京都 シンポジウム “複雑系科学への招待” が以下のとおり開催されます。本プロジェクトからは三野和雄教授の講演が予定されています。
皆様のご参加をお待ちしております。

サンタフェ/京都 シンポジウム “複雑系科学への招待”

2012/10/19

日時:
平成24年10月19日(金)
場所:京都大学理学研究科セミナーハウス

プログラム
13:00~13:10
挨拶:
淡路 敏之 (京都大学理事)
中村 佳正(学際融合教育研究推進センター長)

座長:村瀬 雅俊(京都大学基礎物理学研究所)

13:10~13:50

ジェリー・サバロフ(Santa Fe 研究所)
“The Santa Fe Institute and the Study of Complex Adaptive Systems“


座長: 杉山 弘(京都大学大学院理学研究科)

13:55~14:25

岡 二三生(京都大学大学院工学研究科)
“Visualization of localized deformation of unsaturated sand using micro-focus X-ray CT and stability during infiltration“


14:25~14:55

渡辺 宏(京都大学化学研究所)
“Complexity and Simplicity in Polymer Dynamics“


座長: 福山 秀直(京都大学大学院医学研究科高次脳機能総合研究センター)

15:05~15:35

小林 哲生(京都大学大学院工学研究科)
“Binocular Rivalry: A key phenomenon to explore brain mechanisms of consciousness“


15:35~16:05

山内 淳(京都大学生態学研究センター)
“Relationship between payoff function and evolutionary dynamics in evolutionary cooperative game“


座長: 吉村 一良(京都大学大学院理学研究科)

16:15~16:45

大野 照文(京都大学総合博物館)
“Reunion of human and natural science: a view from university museum“


16:45~17:15

三野 和雄(京都大学経済研究所)
“Sunspot-Driven Business Cycles in a Global Economy“


★ポスター (PDF/338KB)

主催:
京都大学学際融合教育研究推進センター統合複雑系科学国際研究ユニット/京都大学経済研究所
参加申込方法:入場無料
-「シンポジウム参加希望」と明記し、(1)氏名(ふりがな)、(2)連絡先(メールアドレス、FAX番号、住所のいずれか)をお書き添えの上、メールまたはファックスでお申し込みください。
1.メール: symposium@kier.kyoto-u.ac.jp
2.FAX:(075)753-7157
お問い合わせ先:
 京都大学経済研究所 統合複雑系ユニット事務局


矢野誠,太田勝造,小松原崇史:第6回Market Quality Workshop(2012.09.19)開催報告

9月19日(水)に京都で特別推進研究「経済危機と社会インフラの複雑系分析」研究メンバーによる第6回Market Quality Workshopが開催されました.

◇矢野誠「経済危機と社会インフラの複雑系分析」

最初に特別推進研究「経済危機と社会インフラの複雑系分析」への現地調査ヒアリングが行われたことに対するコメントと今後のプロジェクトの進め方について説明がなされました.

そして,本ポータルサイトmarket-quality.netにおいて紹介されている漁業と市場の質が取りあげられ(こちらを参照してください),日本とノルウェーの水産資源の持続性に関する現状と制度の相違点が説明されました.そして日本の水産資源の持続可能な発展のために,経済学的な観点からどのような研究を行うべきかといった問題提起がなされました.


◇小松原崇史「家計パネル調査データでみる証券市場」

2004年度より毎年家計パネル調査が行われており, 2011年度より特別推進研究「経済危機と社会インフラの複雑系分析」もこの家計パネル調査に参加しています.(過去の記事も参照してください.)

今年度からは証券市場に対する意識調査が新たに追加されています.調査で使用した質問票と得られたデータの特徴についての解説を小松原先生にしていただきました.例えば,多くの場合に,証券市場のイメージは全ての世帯で類似しており,回答者の属性には影響を受けていない,といったことがデータからわかるようです.

またこれからの研究方針などを説明していただきました.詳細な実証結果は書籍・論文の刊行をお待ち下さい.


◇森大輔「国際法の経済学的分析の試み」


法律や制度といった社会インフラは経済活動を行う上で非常に重要な役割を果たしています.例えば所有権や契約法などは市場の効率性や競争上の公正性を保ち,経済が発展するために欠かすことはできません.また経済が発展するにつれて,これまで有効だった法律や制度が経済の非効率性を導き,その結果法律や制度を変更せざるを得ないという状況も生じます.このように法と経済学は相互に関係しており,経済学的な立場から法律を分析すること,法学の立場から経済を分析することは極めて重要です.

森先生は,ゲーム理論などを用いることによって国際関係法に対する経済学的観点からの解釈や評価を与えるといった研究をされています.今回は国際法の経済学的分析の試みについて紹介していただきました.国際法は,法律の中でも,経済学的分析が最も少ない分野の一つでまだまだ研究する余地があるようです.また国際社会の特徴により,国際法とは違った分析ができる可能性があると述べておられました.


◇太田勝造「経済危機と法: 社会調査・統計分析」

第4回Market Quality Workshop において報告された「法と災害」に引き続き(こちらを参照してください),今回は「経済危機と法」に関する研究において実施された社会調査(インターネット調査)についての報告をしていただきました.

市場と法,市場の健全性,またマネーゲームやリスクに対する選好,買いだめ行動について日本人がどのように考えているのかという観点から調査がなされ,この調査データに関する分析結果が紹介されました.その中で,法と経済の現実が乖離している場合には,経済の現実に合うように法を改めることに約6割の人が賛成しているという結果は興味深いものでした.


◇八木匡「理数系教育と所得格差」


経済が成長ためには法律や制度といった社会インフラだけでなく,R&Dが大きな役割を果たします.したがって日本において,R&Dを行う能力を持続的に発展させなければ経済を持続的に成長させることは難しく,日本の競争力が落ちることになるでしょう.R&Dを行う能力を高める要因の一つとして人的資本が挙げられます.この人的資本を高めるには教育,特に理数系教育が非常に重要になってきます.日本では,数学が将来役に立たない,文系学部出身者のほうが理系学部出身者よりも高所得であるという社会通念が持たれてきました.

八木先生たちの研究では,2000年からこれまで様々な調査を行い,データからこの社会通念が否定されるような結果が得られていることが報告されました.

また高卒・大卒間の賃金格差決定のメカニズムについて,マクロ経済の格差への影響,マクロ分析の教育政策への含意などが説明されました.


記事:天龍洋平

第6回Market-Quality Workshop

2012/09/19

日時:
平成24年9月19日(水) 15時30分~19時00分
場所:
京都ロイヤルホテル&スパ 翠峰の間

プログラム
15:45~16:15
矢野 誠(京都大学経済研究所 教授)
「経済危機と社会インフラの複雑系分析~今後のプロジェクトの進め方:現地調査ヒアリングのコメントから~」
16:15~16:45
小松原崇史(京都大学経済研究所 特定助教)
「家計パネル調査データでみる証券市場」
16:45~17:15
森 大輔(熊本大学法学部 准教授)
「国際法の法と経済学の試み」
(休憩)
17:30~18:00
太田 勝造(東京大学大学院法学政治学研究科 教授)
「経済危機と法: 社会調査・統計分析」
18:00~19:00
八木 匡(同志社大学経済学部 教授)
「理数系教育の所得形成に与える影響に関する実証分析」


公開シンポジウム「人材育成と現代の教育」開催報告(2012/09/08)

2012年9月8日 (土)の午後1時半より6時まで、京都大学百周年時計台記念館の国際交流ホールⅢにおいて、公開シンポジウム「人材育成と現代の教育」が、特別推進研究「経済危機と社会インフラの複雑系分析」、京都大学経済研究所、京都大学統合複雑系科学国際研究ユニット、国際教育学会の共催で、盛況のうちに開催されました。

シンポジウムの様子

京都大学経済研究所の西村和雄特任教授による挨拶の後、第一部「教育と学び」では二つの研究発表が行われました。まず京都大学基礎物理学研究所の村瀬雅俊准教授が、創造性の発現過程における能動的・構成的な認識の重要性について指摘をされました。次に、千里金蘭大学の中林眞佐男先生が、英語の小中一貫教育についての実践報告を行いました。

第二部「現代社会と教育」では、首都大学東京の大森不二雄教授が大阪の教育改革について現状報告を行いました。次に、朝日サステイナビリティマネジメント社長の高田誠氏が、民間企業の人材育成の立場から、モラル(社会にとっての正しさ)、社会的な視点、情報発信力の重要性などを訴えました。

最後に、パネルディスカッションでは「待たれる女性理系研究者の活躍」をテーマに、パネリストにはパナソニック・社会文化グループマネージャーの小川理子氏、同志社大学社会学部の藤本昌代教授をお迎えしました。コーディネーターは同志社大学経済学部の八木匡教授につとめて頂き、パネリストの女性研究者としての経験・苦労話などを交えながら、今後の女性研究者・技術者の育成・進出に望ましい環境やキャリアパスの在り方などが熱く議論されました。

このように、公的教育、民間企業の立場から、そして経済学・社会学・心理学・教育学の知見なども踏まえ、実に様々な観点から、人材育成と教育の在り方について、各発表者・出席の皆様より積極的な意見が出され、誠に有意義なシンポジウムとなりました。

Prof.Murase Prof.Nishimura panel discussion


公開シンポジウム「人材育成と現代の教育」

2012/09/08

日時:
平成24年9月8日(土)
13時30分~17時50分(開場13:20)
場所:
京都大学百周年時計台記念館2階 国際交流ホールⅢ
共催:
京都大学経済研究所/京都大学統合複雑系科学国際研究ユニット
/国際教育学会/特別推進研究「経済危機と社会インフラの複雑系分析」
プログラム(敬称略)
挨拶:13:30~13:35
西村和雄(国際教育学会会長,京都大学経済研究所特任教授)

第一部:教育と学び 13:40~14:40
進行:木村拓也(長崎大学アドミッションセンター准教授)
13:40~14:10
村瀬智子(近大姫路大学看護学部学部長)
村瀬雅俊(京都大学基礎物理学研究所准教授)
「受動的・機械的な認識から能動的・構成的認識への転換に向けて」
-司会:稲川三千代(京都大学大学院教育学研究科)
14:10~14:40
中林眞佐男(千里金蘭大学・生涯学習センター)
「実践報告:英語の小中一貫教育について」
-司会:本田卓(岩手大学教育学部准教授)

第二部:現代社会と教育 15:00~17:50
進行:村瀬智子(近大姫路大学看護学部学部長)
15:00~15:40
大森不二雄(首都大学東京大学教育センター教授)
「大阪の教育改革」
-司会:筒井勝美(英進館館長)
15:40~16:20
高田誠(朝日サステイナビリティマネイジメント代表取締役社長)
「モラル教育の社会における重要性-サステイナブル教育としてのモラル教育-」
-司会:野崎晃平(豊田自動織機常務執行役員)
16:30~17:50
パネルディスカッション「待たれる女性理系研究者の活躍」
コーディネーター:八木匡(同志社大学経済学部教授)
パネリスト:
小川理子(パナソニック(株)社会文化グループマネージャー)
藤本昌代(同志社大学社会学部教授)