本領崇一氏:第5回Market Quality Workshop (2012.07.09)開催報告

2012年7月9日,京都大学経済研究所三田オフィスにて,Market Quality Workshopを開催しました.今回は,研究協力者のドイツ・マンハイム大学本領崇一先生によって,「危機下の集団意思決定」というタイトルの研究報告が行われました.
報告では,民主主義的な選挙制度のもとでは,危機の際にどのような政策が実現しやすいかが,理論分析によって示され,本プロジェクトの共同研究として今後の展開が期待できる,有意義なワークショップとなりました.

Prof. Takakazu Honryo

Market-Quality Workshop (2012/07/09)

  • 日時: 平成24年7月9日(月)16時30~18時30分
  • 場所: 京都大学経済研究所 三田オフィス(東京)
  • 報告者:本領崇一氏(マンハイム大学)“危機下の集団意思決定”

矢野誠:日本経済新聞「やさしい経済学: 危機・先人に学ぶ マーシャル」

本プロジェクトの矢野誠教授が、6月19~29日の日本経済新聞朝刊 やさしい経済学に,「危機・先人に学ぶマーシャル(1)~(9)」を寄稿いたしました。

記事全文は、以下をご覧ください。

平成24年6月19日 やさしい経済学「危機・先人に学ぶマーシャル」(1)
平成24年6月20日 やさしい経済学「危機・先人に学ぶマーシャル」(2)
平成24年6月21日 やさしい経済学「危機・先人に学ぶマーシャル」(3)
平成24年6月22日 やさしい経済学「危機・先人に学ぶマーシャル」(4)
平成24年6月25日 やさしい経済学「危機・先人に学ぶマーシャル」(5)
平成24年6月26日 やさしい経済学「危機・先人に学ぶマーシャル」(6)
平成24年6月27日 やさしい経済学「危機・先人に学ぶマーシャル」(7)
平成24年6月28日 やさしい経済学「危機・先人に学ぶマーシャル」(8)
平成24年6月29日 やさしい経済学「危機・先人に学ぶマーシャル」(9)



WEAI 87th Annual Conference オーガナイズドセッションの企画

2012年6月29日から7月3日にかけてWestern Economic Association International (WEAI) の第87会年次大会がサンフランシスコで開催されました。今年は,数千人規模の参加者が集い,約350の個別セッションで1000を超える研究報告が行われました。

慶応・京大GCOE・特別推進研究の共同研究グループ(以下,本研究グループ)からも3つのオーガナイズドセッションを企画,メンバー・研究協力者・共著者を含め9名が参加・報告を行いました。ここで企画セッションの紹介をさせていただきます。

本研究グループでは市場の質に関する理論研究および実証研究,危機のメカニズムを解明する上での基礎的なツールとなる動学的経済理論についての研究を行なってきました。87th WEAI Annual Conference の企画セッションでは,市場の質に関する応用理論研究が6件,基礎理論研究が2件,産業理論・実証の複合領域で1件の報告が行われました。

Market Quality and Market Organization (2012/06/30)

  • 細田衛士 “Doubly Biased Information in Transaction of Waste”
  • 小松原崇史 “Price Competition or Tacit Collusion”
  • 天龍洋平 “The Role of Informal Sector under Insecure Property Rights Game”

Dynamic Issues on Market Quality (2012/07/02)

  • 出井文男 “Discrete Demand Shift Dumping”
  • 太田塁 “Law of Rising Price in an Imperfectly Competitive Declining Industry “
  • 古川雄一 “Knowledge Spillover and Perpetual Leapfrogging in International Competition”

Dynamic Equilibrium Theory (2012/07/02)

  • 近藤豊将 “Short- and Long-term Effects of Economic Growth on the Public Debt Dynamics”
  • 藤生源子 “Discounted Optimal Growth in the Two-Sector Leontief-Shinkai Model”
  • 佐藤健治 “An iteratively Expansive Unimodal Map Is Strong Ergodic Chaos”
registration Dei Furukawa Fujio
 

WEAI は Annual Conferenceをアメリカ西海岸で年に1回,Pacific Rim Conference を2年に1回,アジア・オーストラリアで開催しています。来年3月に行われるWEAI 10th Biennial Pacific Rim Conferenceは,慶応・京大GCOEがホストし,慶応義塾大学で開催されます。本プロジェクトも協力予定です。詳細は学会ホームページをご覧ください。


西村和雄:JSTインタビュー

独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運営するSciencePortalにおいて,社会的な関心が高い分野、重点分野とされている研究を指導する研究者に研究の意義や方法を聞く“インタビュー” コーナーに,本プロジェクトメンバーの西村和雄教授らのインターネット調査に関する研究が取り上げられ,西村教授のインタビュー記事が掲載されました。

インタビューの内容は,こちらをご覧ください.

SciencePortal:西村 和雄 氏「物理を学ぶ若者増やせ」
第1回 つぶしが利く人間とは http://scienceportal.jp/HotTopics/interview/interview76/index.html
第2回 社会が求める人材とは http://scienceportal.jp/HotTopics/interview/interview76/02.html
第3回 論理的思考力高める教育に http://scienceportal.jp/HotTopics/interview/interview76/03.html


第5回Market-Quality Workshop開催のお知らせ (2012/07/09)

平成24年7月9日にMarket-Quality Workshopを開催いたします.
今回は本領崇一氏に研究報告を行って頂きます.

Market-Quality Workshop

2012/07/09

日時:
平成24年7月9日(月) 14時00~16時00分 16時30~18時30分
場所:
京都大学経済研究所 三田オフィス(東京)
報告者:
本領崇一氏(マンハイム大学)
“危機下の集団意思決定”