Private Patent Protection in the Theory of Schumpeterian Growth

著者
Lewis S. Davis and Fuat Şener
雑誌/ワーキングペーパー
European Economic Review
巻号/番号
Volume 56, Issue 7
公開年月
October 2012
言語
英語
URL
http://dx.doi.org/10.1016/j.euroecorev.2012.07.002
ファイル
備考
Summary

[Abstract]

We develop a Schumpeterian growth model with privately optimal intellectual property right (IPR) enforcement and investigate the implications for intellectual property and R&D policies. In our setting, successful innovators undertake costly rent protection activities (RPAs) to enforce their patents. RPAs deter innovators who seek to discover higher quality products and thereby replace the patent holder. RPAs also deter imitators who seek to capture a portion of the monopoly market by imitating the patent holder's product. We investigate the role of private IPR protection by considering the impact of subsidies to RPAs on economic growth and welfare. We find that a larger RPA subsidy raises the innovation rate if and only if the ease of imitation is above a certain level. With regards to welfare, we find that depending on the parameters it may be optimal to tax or subsidize RPAs. Thus a prohibitively high taxation of RPAs is not necessarily optimal. We also show that the presence of imitation strengthens the case for subsidizing R&D.

関連論文の紹介(古川雄一 中京大学)

この論文は、企業による私的な知的財産保護に関する一連の理論研究群の最新成果です。いくつかの実証研究が指摘している通り(Jaffe and Lerner 2004)、企業が保有する特許等の知的財産保護に費やす金額が、特許の開発に費やす費用を上回る勢いで増加しており、この研究分野の重要性はますます高まっていると言えます。
 本研究は特に、企業による私的保護(特に、rent protection activities )が、模倣行為だけでなく、自分の特許と競合する(quality ladder 型の)イノベーション活動に対しても行われるケースに注目してを分析しています。主要な結論は、このような私的保護に対する最適な補助金ないしは課税に関するものです。最適補助金・課税の存在は、必ずしも私的保護を単に禁止する政策・奨励する政策が望ましいわけではなく、中間的な政策が望ましいことを示唆するものです。

 知的財産の私的保護に関連する研究としては、次のようなものがあります。Dinopoulos and Syropoulos (2007, Economic Theory), Eicher and Garcia-Penalosa (2008, European Economic Review), Akiyama and Furukawa (2009, Economics Letters), Chu (2009, Journal of Economic Growth)。この研究の系譜において、知的財産市場の質を分析するための理論的フレームワークが形成されつつあります(Akiyama, Furukawa, and Yano 2011, MQ Discussion Series)。

 
This entry was posted in . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です